分譲マンションを探す!ファミリー向けのペット可能な物件

住みやすい街として有名|懐かしい匂いがする場所

「マンションはペットを飼う環境に適していない」というのがこれまでの常識でしたが、ペットブームの加速化によりペットが飼えるマンションが増えています。ファミリー向けや独身者向けなど、様々なタイプの分譲マンションが中野区にはあります。その中でも注目されているのが「ペット共存型マンション」です。人間だけではなく、ペットも暮らしやすいように、いろいろな設備が整っているマンションとなります。後悔しないためにも、希望の条件に合う物件を見つけましょう。

ペット可分譲マンションを探すならココ~中野区~

中野区にあるペット可マンションといっても、いろんなタイプがあります。管理規約上はペット可でも、通常のマンションの仕様とは変わらなかったり、ペット専用の設備が充実していたりといった物件があります。まずは中野区について知りましょう。

住みやすさをリサーチ

住んでいる人の口コミ

商店街やショッピングセンターなどが駅の周辺に集中しており、活気が溢れる街となっています。お洒落なバーや飲食店も多いので、飽きることのない毎日を過ごせるでしょう。交通面に関しても立地条件の良い場所となっており、都心部が近いにもかかわらず物価が安いと言われています。実際に中野区に住んでいる人の口コミをチェックしてみましょう。

アクセスに便利
男性アイコン

新宿など都内の主要エリアへ行くにも時間がかかりません。

女性アイコン

路線バスが多いので通学にも便利です。

充実した商店街
男性アイコン

いつも人が多く街が賑わっているので楽しく過ごせます。

女性アイコン

お店がたくさんあるので買い物に困ることがないですね。

お洒落なバーやカフェが多い
女性アイコン

家から近い場所においしいカフェがあるので、毎週通っています。

女性アイコン

隠れ家的な飲み屋さんを発掘するのが日課です。

「中野にもう一度住みたい」と思う人は9割以上!(100人を対象としたアンケート)

中野区に住んでいたことのある人を対象としたアンケートでは、半数以上もの人がもう一度住みたいと回答しています。サブカルな街として知られている一方で、治安が良いことでも知られています。住みやすさや好きな街のランキングでも常に上位に入っています。

街のアンケート調査

分譲マンションの一例(中野区)

ペット可や不可にかかわらず、中野区にはたくさんのファミリー向けの分譲マンションが存在しています。ペット可の物件を探している人は、いくつか比較をして検討しましょう。間取りはもちろんのこと、建物の築年数によって価格が変わってきます。また、駅が近い場所になるほど価格が高くなる傾向があります。ペット可の分譲マンションの一例を下記で紹介します。地元中野区の不動産会社も自信を持ってオススメする優良物件です!

三井のリハウスの詳細 SUUMOの詳細

ペット可マンションを内覧するときに把握しておきたい項目

書類を見る男性

管理規約の確認

マンションを購入する上で非常に大切となるのが、管理規約の確認です。飼育できるペットの種類やサイズは、各物件の規約によって変わってきます。ペット可を選んで入居したにもかかわらず、規約によっては飼いたい動物が飼えないこともあります。現在ペットを飼っていなくても、これから飼う予定の人もいるでしょう。希望する動物の種類やサイズを確認し、管理規約も併せてチェックしましょう。また、他の住人との共同生活におけるルールが記載された「使用細則」も必ず事前にチェックしておきましょう。多くの場合、この細則にも、共有スペースの利用方法などペットを飼育するにあたっての注意点が示されています。ペットとともに快適な生活を送るためには、妥協せずに納得する条件かどうかを判断することが重要です。

家族と犬

周辺環境をチェック

ペット可の分譲マンションを見つけるにあたって、周辺環境はとても大切なことです。 例えば、ドッグランができる公園 や犬同士のコミュニケーションがとれる場所があれば退屈しないですし、近くにペットショップがあればいつでも必要なものをそろえることができます。また、動物病院が近 くにあれば愛するペットが病気や怪我をしたときでも、すぐに行くことができるので安心です。現代はペ ットブームなので動物を飼う人が増えています。その理由もあり、犬と一緒に食事ができるカフェや、レストランなども増えてきています。マンションの間取りやデザインも重要な条件とはなりますが、ペットを飼う場合は周りの環境も重視するようにしましょう。

ペットに嬉しい設備がついたファミリーマンション

ペット可のファミリーマンションによっては、ペットを飼う上で便利な、ペット可物件ならではの設備が整っている物件があります。充実した設備があれば良い環境でペットを育てることができますし、のびのび暮らすことができるでしょう。どのような設備があるのか見てみましょう。気になる設備があれば、これを条件に中野区の不動産会社に問い合わせてみるのも良いでしょう。

ペットを育てやすい環境 

ペットシャワー

マンションのエントランス近くに設置されていることが多く、散歩から帰ってきたときでもすぐに犬の足を洗うことができます。綺麗な状態で部屋の中に入ることができますし、いつでも清潔さを保てます。ペットシャワーの機能によっては水が自動で出るものがあります。

グルーミングルーム

お風呂に入れることができる場所です。犬によってはお風呂で暴れてしまいますし、シャンプーや石鹸が飛び散って部屋が汚れてしまうことがあります。また抜ける毛が多いと配管が詰まることもあります。グルーミングルームが設置されていれば、部屋が汚れる心配もないですし、配管の詰まりを気にしなくて済みます。

汚物ダスト

散歩をしている途中に、犬は道で排便するときがあります。最低限のマナーとして汚物は持ち帰る義務がありますが、部屋での処理となると臭いが部屋中に充満する恐れがあります。ペット用の汚物専用のゴミ箱が設置されていれば、部屋まで持ち帰る必要がないですし、すぐに捨てることができます。

ペット乗車中サイン付きエレベーター

ペット可のマンションであったとしても、住人の中には犬が苦手な人や、動物アレルギーを持っている人もいます。また、犬同士が対面すると吠えて威嚇し合うこともあります。ペットが乗っていることを教えてくれるエレベーターなら、事前にトラブルを予防できます。

ペット保険付き

飼っている犬が怪我や病気で動物病院へ行ったり、住人に怪我をさせてしまったりすることがあります。そのような場合に対応できる保険です。保険の内容についてはマンションによって変わってくるので、契約する前に規約を確認しましょう。