これでもう安心!ペットを飼うにはルールを守る

トラブルは起こる前に防止する|分譲マンションによるペット問題

ペットは自分勝手に飼うことはできません。住んでいる自治体で手続きを行なう必要があります。初めて犬を飼う人は手続きの内容について理解しましょう。決められた手続きをすることで、安心して暮らすことができます。ここでは中野区で義務付けされている手続きについて紹介します。また、分譲マンションによるペットトラブル事情についても説明しています。中野区でペット可の分譲マンションを探している人は必見です。

愛犬と過ごす暮らしの手引き~中野区のペットに関する手続き~

中野区でペットを飼う場合は、所定の手続きを役所で行なう必要があります。手続きをしないと何かあったときに、トラブルに発展する恐れもあります。ペットといってもいろいろな種類がありますが、ここでは犬の手続きについて説明します。

書類を書く男性

必要となる手続き

犬の登録

犬と書類のイラスト

犬が生まれてから91日以上経つと、30日以内に登録をしなければいけません。91日未満であれば、91日を過ぎてからの登録となります。その場合も期日は30日以内になります。登録は一度だけとなり、料金は3,000円となります。手続きを終えたら、鑑札が交付されます。

予防注射

犬と書類のイラスト

生まれてから91日以上経過する犬は、狂犬病予防の注射が義務付られています。年に1回受けさせる必要があります。動物病院で受けた場合は、証明書を持参して「注射済票」を取得します。交付料は550円となります。

住所変更

家のイラスト

現住所から引っ越しをする場合は、変更手続きをする必要があります。引っ越し先の自治体へ、「鑑札」と「注射済票」を持参します。持参した鑑札は無料で交換できますが、紛失した際は再発行となります。再交付にかかる手数料は、引っ越し先の自治体への確認が必要です。

人を噛んだ

吠える犬のイラスト

人に危害を加えてしまった場合は、24時間以内に届け出を保健所へ提出する必要があります。事故の大きさにかかわらず、手続きをすることになります。また、事故が発生した場合は狂犬病の検査をすることになり、原則48時間以内に行なうことが決められています。

飼えなくなった

悩む人のイラスト

犬を飼うと決めたら、一生面倒を見るのがルールです。身勝手な飼い主が多くなるほど、犠牲になる犬が増えていきます。ですが、やむを得ない事情で飼えなくなることもあるでしょう。そのような場合は、里親を見つけるまでが飼い主の責任となります。見つからない場合は、東京都動物愛護相談センターへ問い合わせしましょう。

犬を飼うのにもいろいろな手続きが必要となります。義務付けられている登録や予防接種を怠った場合は、罰金が課せられる可能性があります。交付された鑑札や注射済票は、必ず愛犬に付けるようにしましょう。ペットを飼うのは個人の自由ですが、全ての人が動物好きというわけではありません。トラブルに発展しないように、周りに配慮することも飼い主の重要な役割となります。社会のルールを守ることは、大切なペットを守ることに繋がるのです。

気をつけよう~分譲マンションのペットトラブル~

分譲マンションを購入しても、建物全部が自分の所有物になるわけではありません。マンションには他の住人もいるので、みんなで使用するスペースは配慮しなくてはなりません。ペットのしつけをせず好き勝手に遊ばせていると、問題になるケースもあるので気をつけましょう。

守るべきルール

「専用部分」と「共用部分」 

分譲マンションの特徴といえば、「専用部分」と「共用部分」に分かれていることです。購入した部屋は個人の所有物となるので、リフォームをしたり、壁のレイアウトを変更したり、自分の好きなように使用することができます。それは各部屋が専用部分に当たるからです。逆に、マンションに住んでいる人みんなで管理費を負担している玄関ホールやエレベーターなどの共有部分は、個人の所有物ではなく全ての住人が使用する場所となるので、自分勝手に使用することはできません。また、部屋のベランダは専用部分ではなく共有部分となります。ペットの臭いや毛の飛び散りなどでトラブルになるケースもあるので、専用部分と共有部分の違いを理解しましょう。

管理規約が変更になる

マンションの入居前に決まっている管理規約でも、その後の入居者の振る舞いによっては途中で変更になることがあります。ペットを飼うのは個人の自由ですが、誰かれ構わず吠えたり、怪我をさせてしまったり、近隣の住人に大きな迷惑をかけてしまった場合、管理組合に訴えられ最悪ペット禁止になる可能性があるのです。多数決によって変更になるかが決まり、管理規約が変更になった場合はどんな理由であれ従うことになります。飼い主としての責任を果たすためにも、普段からしつけすることが大切です。周りを不愉快な気持ちにさせないように、お風呂に入れて清潔さを保つようにしましょう。

鳴き声や臭いによるトラブル

人間と同じように犬にもそれぞれ性格があります。その中でもトラブルになりやすいのが鳴き声です。飼い主が仕事や用事で出かけた後に、ずっと鳴き続ける犬もいます。その状況を飼い主が把握していないと、近隣の住人に迷惑がかかる可能性があります。散歩不足やストレスなどで鳴くケースも多いので、何が原因かを見つけ改善することが大切です。また、ペットの排出物をきちんと処理せずに問題になるケースもあります。糞や尿を通常のゴミと一緒に出してしまうと、臭いが発生します。マンションの住人から苦情がきてしまいますし、トラブルになれば今後の付き合いにも影響を及ぼしてしまいます。糞や尿は正しく処理した上で、ゴミに出しましょう。

犬のトラブル対策

犬と飼い主

地域の自治体によっては、犬のしつけ教室を開催しています。中野区でも開催されており、しつけの仕方がわからない人や、初めて犬を飼う人など、困っている人は参加することができます。しつけのやり方を学ぶことで、より愛犬とコミュニケーションをはかることができるでしょう。しつけ教室に参加する場合は定員が決まっているので、早めに申し込みする必要があります。日程や時間の詳細は、中野区役所の担当部署へ確認しましょう。

担当部署

教室の詳細